ロシアが米国の選挙に介入しているなどという話はヒステリー症だとプーチン大統領

© Sputnik / Mikhail Klimentievプーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本
プーチン大統領はロシアが米国の選挙に介入しているなどという話はヒステリー症だと述べた。「ロシアが米国の選挙に介入しているなどという話は神話でありでっちあげの問題だ。そうとしか考えられぬ」。ヴァルダイ会議のパネルディスカッションでの発言。

米国は莫大な国債から警察の不行き届きまで課題が山積している。「しかしどうもエリートには特に言うことがなく、社会を安心させるすべがないようだ。はるかに簡単なのは、ロシアをハッカーやスパイ、影響力をかけるエージェントだなどと言って注意をそらせることだ。ロシアが米国の選挙に干渉できるなどと本当に誰か考えているのか?米国がバナナの国だとでも言うのか?米国は偉大な大国だ」とプーチン大統領

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала