月曜日、70年ぶり巨大スーパームーンが出現

© Sputnik / Vladimir Sergeev 月曜日、70年ぶり巨大スーパームーンが出現
月曜日、70年ぶり巨大スーパームーンが出現 - Sputnik 日本
地球人はまもなく、今年どころか、この70年間で最も月が鮮やかに大きくなる不思議な現象、スーパームーンを観測できる。NASAが発表した。

火星 - Sputnik 日本
米学者グループ 火星に生命の痕跡を捜索すべき場所を発見
NASAによると、11月14日月曜日、月は1948年ぶりに最も短い距離まで地球に接近する。このようなスーパームーンが次回見れるのは、2034年になる。

NASAのノア・ペトロ氏によると、スーパームーンは日曜日13日にはすでに見れるようになる。

「日曜日と月曜日の、(月と地球の)距離の差は僅かであるため、もし日曜日が曇り気味になれば、月曜日に外に出てみてください」とペトロ氏は語った。

先に伝えられた、月の北極点で巨大建造物が発見された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала