世界の3分の1の人間が夜空の銀河を見たことがない

© 写真 : ESA/Hubble&NASA世界の3分の1の人間が夜空の銀河を見たことがない
世界の3分の1の人間が夜空の銀河を見たことがない - Sputnik 日本
新たな研究で世界の大都市では、住民の大半には星空は確認できず、見えるのは人工衛星だけであることがわかった。星空を見えなくしている原因は人工的なライトアップ。

サイエンス・アドヴァンシス誌に発表された人工的な夜の照明地図では北米大陸の80%の住民が銀河を仰ぎ見ることができない事実が示されている。

人工的な照明に一番大きな被害を受けているのはシンガポール。RT英語版サイトによれば、シンガポールでは夜空はあまりに明るく照らされているため、シンガポールの人たちは漆黒の空を一度も見たことがなく、暗闇では目が利かない。この他夜間の照明が明るすぎる国には韓国、クウェート、サウジアラビア、イスラエル、アルゼンチンが挙げられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала