オリバー・ストーン監督、プーチン大統領に関する映画制作の理由を明らかにする

© 写真 : Ixtlan Productions/Showtime Networks (2017)オリバー・ストーン監督、プーチン大統領に関する映画製作の理由を明らかにする
オリバー・ストーン監督、プーチン大統領に関する映画製作の理由を明らかにする - Sputnik 日本
米国の映画監督オリバー・ストーン氏は、ロシアのプーチン大統領に関する自身の映画について、自分の映画によって露米関係のさらなる悪化を防ごうとしていると述べた。

プーチン大統領への大型インタビュー「米国は、世界中の政治プロセスに積極的に介入」【動画】 - Sputnik 日本
プーチン大統領への大型インタビュー「米国は、世界中の政治プロセスに積極的に介入」【動画】
スプートニク日本

米国では月曜からケーブルチャンネル「Showtime」でプーチン大統領に関するストーン監督のドキュメンタリー映画が放送される。ストーン監督は、同映画を2年がかりで準備した。

ストーン監督は、Star Tribuneのインタビューで、映画制作の目的について、「別の見解を理解すること。これは米国にとってきわめて重要だ」と指摘し、私は露米関係のさらなる悪化を防ぐことに関心があると述べた。

© 写真 : Ixtlan Productions/Showtime Networks (2017)映画ポスター「プーチン大統領とのインタビュー」
映画ポスター「プーチン大統領とのインタビュー」 - Sputnik 日本
映画ポスター「プーチン大統領とのインタビュー」

ストーン監督の映画の一部は、複数のジャーナリストらに公開され、米国の一連のメディアがすでに監督を批判した。監督は、親ロシア的立場であり、ロシア大統領に好意的だとして非難された。

先にスプートニクは、ストーン監督の映画の一部について報じた。そこではプーチン大統領が、米国との戦争が起こった場合や、ゲイに対する考えなど、様々な問題について語っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала