「人身売買」米報告書、北朝鮮・中国が最低ランクに  日本は?

© Sputnik / Sergey Guneev「人身売買」米報告書、北朝鮮・中国が最低ランクに  日本は?
「人身売買」米報告書、北朝鮮・中国が最低ランクに  日本は? - Sputnik 日本
ティラーソン米国務長官は27日、世界各国の人身売買の実態をまとめた年次報告書発表に合わせた式典で、朝鮮民主主義人民共和国が海外で国民を強制労働させて核・ミサイル開発の資金源にしているとして、関係国に北朝鮮労働者の自国に送還するよう要求した。

ロシア 北朝鮮への対応を考案 - Sputnik 日本
ロシア 北朝鮮への対応を考案
スプートニク日本

共同通信によると、報告書の評価対象は約180カ国。最低ランクは23カ国で、中国の評価を1段階引き下げ、北朝鮮やシリアと最低ランクに位置付けられる。日本は13年連続で上から2番目のランクで、米国は最も高いランクに位置付けられている。

ティラーソン氏は「海外に派遣されている北朝鮮の強制労働者は推定約5万~8万人に上る」とし「1日20時間も働かされ、賃金は彼らに直接届かず、北朝鮮政府に徴収されている」と指摘した。

先に、米国家情報長官室のスコット・ブレー氏は26日、ワシントンで開かれたシンポジウムで「朝鮮民主主義人民共和国が次の核実験をいつ実施するか、実施しないかを計算する上で中国の圧力が大きな要因になっている」と考えを示した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала