駐米ロシア大使にアントノフ外務次官が任命される

© ロシア国防省 / フォトバンクに移行アナトーリー・アントノフ
アナトーリー・アントノフ - Sputnik 日本
駐米ロシア大使に、アナトーリー・アントノフ露外務次官が任命された。プーチン大統領が、しかるべき大統領令に署名した。

ロシアの国連大使にワシーリー・ネベンジャ氏 - Sputnik 日本
ロシアの新たな国連大使が任命される
スプートニク日本

またプーチン大統領は、別の2つの大統領令によってアントノフ氏をロシア外務次官から、セルゲイ・キスリャク氏を駐米ロシア大使およびワシントンに本部がある米州機構のロシア常任オブザーバーの職から解いた。

ロシア外務次官だったアントノフ氏は、先にロシア国防次官を務めていた。キャリア外交官のアントノフ氏は、1955年生まれで、1978年にモスクワ国際関係大学を卒業、また同氏は政治学博士で、特命全権大使のランクを有し、英語とビルマ語に堪能だ。

アントノフ氏は2004年から2011年までロシア外務省安全保障・軍縮問題局の局長を、2011年から2016年まで国防次官を務めていた。

2月中旬、トランプ米大統領のフリン国家安全保障補佐官が、ペンス米副大統領にロシア大使との接触を報告しなかったとして辞任した。その後、米国のマスコミは、キスリャク氏や、同氏と接触したというトランプ政権の代表者らを中傷する記事を報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала