米空母 警戒任務のため横須賀出港

© 写真 : US Navy / Mass Communication Specialist 2nd Class Jacob Estes原子力空母「ロナルド・レーガン」
原子力空母「ロナルド・レーガン」 - Sputnik 日本
8日、米海軍第7艦隊に所属する原子力空母「ロナルド・レーガン」が、定期的な警戒任務のため横須賀基地を出港した。同艦のフェイスブックで公表された。

「米国のパトリオット」は東京を守ることができるか? - Sputnik 日本
「米国のパトリオット」は東京を守ることができるか?
スプートニク日本

警戒任務の航路は明らかになっていない。第7艦隊は西太平洋とインド洋東部を担当海域としている。

6月、「ロナルド・レーガン」は原子力空母「カール・ビンソン」と、朝鮮半島沿岸において合同で軍事演習に参加するなどしていた。

「ロナルド・レーガン」は、北朝鮮の建国69周年の記念日である9日の前日に出港した。

先ほど、北朝鮮の核実験後、韓国で採取された大気サンプルからキセノン133の粒子が確認された。キセノンガスの粒子が検出されたのは北朝鮮が3度の核実験を行った後。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала