安保理の対北朝鮮制裁決議でロシアは国益に従った=露大統領報道官

© Sputnik / Sergei Guneev / メディアバンクへ移行ペスコフ報道官
ペスコフ報道官 - Sputnik 日本
ロシアは、国連安全保障理事会での朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁決議案の審議に際し、緊張が高まっている地域の一国として、自国の国益に従った。ロシア大統領府のぺスコフ報道官が述べた。

スプートニク日本

小野寺五典防衛相 - Sputnik 日本
日本政府 北朝鮮の新たな軍事挑発に警戒 安保理追加制裁決議を受け
ペスコフ氏は、「今回の決議の採択にあたりロシアの立場を条件づけるものは、何よりもまずロシアの国益であり、北朝鮮による挑発が原因で引き起こされた緊張が非常に深刻なレベルにまでエスカレートしているまさにその地域にロシアが位置しているという事実である」と述べた。

また、「東方経済フォーラムの場で中国、韓国、日本と多くのことについて連絡を取ったことで周辺諸国の考えを確かめることができた」としている。

さらにペスコフ氏は、北朝鮮情勢に関する東方経済フォーラムでの協議の参加国の意見は事実上一致していると強調し、以下のように説明した。

「重要なのは軍事的手段による問題の解決は不可能であること、朝鮮半島の非核化に向けた我々の方針を無条件で維持することの必要性、そして北朝鮮が核保有国になることは受け入れられないということだ」。

国連安保理は11日、6回目の核実験を強行した北朝鮮への新たな制裁を協議する公開会合を開き、石油精製品の供給や原油輸出に上限を設けることを柱とする対北朝鮮制裁決議を採択した。制裁に慎重な中国とロシアも賛成し、全会一致となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала