日本企業 ロシアの製薬市場に参入へ

日本の「三井物産」が、医薬品の製造と流通に携わるロシアの大手企業「R–Pharm」の株式の10%を2億ドルで買い取ることとなった。

温室 - Sputnik 日本
三井物産 モスクワ郊外で日本のキノコ温室栽培の巨大プロジェクトに参加意欲
スプートニク日本

両社は10月2日に取引契約を完了する予定だ、と「R-Pharm」のアレクセイ・レピク取締役会長が発表した。

「R-Pharm」は医薬品原料、生物由来物質および製剤の製造を専門とする企業で、2016年の販売実績は745億ルーブル。

先の報道によると、日本の三井物産とロシアの「ガスプロム」社は、日本における中小トン数の液化天然ガス(LNG)生産や輸送、マーケティング、ならびに日本海でのLNG補給における協力に関する枠組み合意に署名した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала