日産社長「心からお詫び」最大121万台リコールへ

© Sputnik / Vladimir Pesnya / メディアバンクへ移行日産
日産 - Sputnik 日本
2日、日産自動車の西川廣人社長は、無資格の従業員に完成車検査をさせていた問題で記者会見を行い、121万台のリコールを国土交通省に届け出ることを明らかにした。

スプートニク日本

エンジン車 - Sputnik 日本
エンジン車はマンモスと同じ運命を辿るのか?
西川社長は「お客様と日産を信頼していただいてる皆さんに心からお詫び申し上げる」と陳謝。「国交省の抜き打ち検査があるまで問題を認識していなかった」とした上で、「今回の事を深刻に受け止め、背景を徹底的に検証し、対策を取りたい」と述べた。

また、西川社長はリコールに必要な費用について、250億円を超える可能性があるという見通しを示した。日産は今後、第三者を交えて原因の究明を進めるとともに、国土交通省に再発防止策を報告することにしている。

先の報道によると、日仏合弁のルノー=日産アライアンスが2017年前半の世界販売台数で史上初の首位に躍り出た。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала