露石油・ガス大手社長 「近いうちに原油価格が急騰することには期待しないほうがいい」

© Sputnik / Aleksei Nickolskii / メディアバンクへ移行ロシア石油・ガス大手ロスネフチのセチン社長
ロシア石油・ガス大手ロスネフチのセチン社長 - Sputnik 日本
ロシア石油・ガス大手ロスネフチのセチン社長は、今は原油価格の急騰を期待しないほうがいいと助言した。

スプートニク日本

セチン氏は19日、イタリアのヴェローナで開幕したユーラシア経済フォーラムで「2014年に形成された需要に対する生産の過剰は、一連の国々が導入した原油生産量の制限によって徐々に解消された。だがバランスはまだ脆弱で不安定だ。米国のシェール採掘は、掘削を終えたものの仕上げが完了していない油井の在庫が増加しており、価格が適切な水準であった場合には2018年に生産量を著しく増加させ、再び市場を不安定化させる恐れがある。そのため私は、我々は近いうちに原油価格が急騰することに期待しないほうがいいと考えている」と述べた。

ロシア、記録的な量の金購入 目的は? - Sputnik 日本
ロシア、記録的な量の金購入 目的は?
シェールオイルの生産者は今のところまだ損失を出している。なぜなら1バレル=70ドルで採算が取れるからだ。

セチン氏は「採算のとれるレベルになるのは2020年以降であり、それまでに原油価格が1バレル=70ドル前後に達した場合となる」と指摘した。

また同氏は、なお「石油の『死』に関する噂は大きく誇張されていると私は保証することができる。石油は今後20年から30年、またその先も世界の主要な燃料エネルギーであり続けるだろう」と述べた。

関連ニュース

原油価格 18日の上昇を修正し下落

国際原油価格 イラクからの供給に憂慮と米国内備蓄待ち状態で値上がり

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала