台風21号 日本衆院選挙の投票率に影響

© Sputnik / Ekaterina Plyasunkova 台風21号 日本衆院選挙の投票率に影響
台風21号 日本衆院選挙の投票率に影響 - Sputnik 日本
22日投開票の衆院選小選挙区の投票率は、共同通信の23日午前4時現在で53・61%となった。投票者数は前回から減った。

衆議院選挙 - Sputnik 日本
日本 第48回衆議院選挙
スプートニク日本

一方、期日前投票者数は前回から大幅増の約2140万人と過去最多になった。

共同通信によると、原因は野党の乱立で安倍政権への批判票の受け皿が分散して有権者の関心が高まらなかったこと。さらに超大型の台風21号により各地で荒天となったことが影響したとみられる。

なお日本列島に台風21号が接近している影響で、西日本を中心とした一部地域で投票時間を短縮するなどの動きが出ている。

今回の選挙では有権者の関心が高いとみられていた、共同通信が選挙を前に行った世論調査によると、回答者の77.6%が選挙に関心を示し、2014年の前回衆院選より6.9%高くなっていた。これは期日前投票の利用が増えていることでも証明されており、公示後5日間の期日前投票者数は400万人を超え、2014年の約1.5倍だった。

先の報道によると、NHKの出口調査や情勢分析の結果、自民党の勝利が確実だ。自民・公民両党は衆議院全体の3分の2の議席をうかがう情勢だ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала