「ダーイシュ(IS)」のフランス人戦闘員、本国の社会手当を不正受給

© 写真 : Youtube/Channel 4 News 「ダーイシュ(IS)」少年戦闘員【資料写真】
「ダーイシュ(IS)」少年戦闘員【資料写真】 - Sputnik 日本
100人以上のフランス人ジハーディスト(聖戦主義者)が、シリアやイラクのテロ集団「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に加わるため本国を離れた後も、定期的に社会手当を受けていた。フランス及び他の欧州国で実施された調査により判明したとして、The Telegraphが伝えた。

スプートニク日本

「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員で最多はロシア人 - Sputnik 日本
「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員で最多はロシア人
各国司法当局の調査結果、2012年から2016年の期間で「ダーイシュ」の戦闘員らが不正に受け取っていた社会手当は総額で2百万ユーロを超えることがわかった。そのうち約50万ルーブルがフランス人による不正受給とされる。

The Telegraphによると、社会保障センターを戦闘員の親族が代理人として訪れ、手当の受取を要求。受け取った金銭はトルコの仲介者などを通じ、戦闘員たちのもとへ送り届けられたという。
フランスの失業手当は失業前の平均給与額の75%で計算され、最低支給額は月額約545ユーロとなっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала