スターリン大粛清の正当化は一切あり得ない=プーチン大統領

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本
ロシアはソ連で起きた粛清を記憶する必要がある、それは人民に対する打撃で、現在に至るまで感じられるものであり、これを正当化するものはない。プーチン大統領はモスクワのアカデミック・サハロフ大通りに建てられた追悼碑「悲しみの壁」の落成式で次のように述べた。

スプートニク日本

「我々全員にとって、未来の世代にとって、労働者、農民、技師、指揮官、聖職者、公務員、学者、文化活動家といった階級全体が、民族全体が厳しい迫害を受けた我々の歴史のこの悲劇的な時期のことを知り、覚えていることは非常に重要、重要である。」

プーチン大統領が述べるところ、粛清は才能、祖国への功績、忠誠に対して容赦なく、誰もが妄想の馬鹿げた告発をされる可能性があり、数百万人が「人民の敵」と宣言された。

追悼碑「悲しみの壁」は今日、モスクワの中心で開かれた。10月30日は政治弾圧による犠牲者を追悼する日となっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала