トヨタ 自動運転車の製造にウーバーに5億ドルを投資 AP通信

© Sputnikトヨタ
トヨタ - Sputnik 日本
トヨタ自動車は米国のオンライン配車サービス「ウーバー」に5億ドルを投資し、共同で自動運転車の製造に乗り出す。27日、AP通信が報じた。

スプートニク日本

APの報道によれば、2社はそれぞれの自動運転技術を用いて、ウーバー利用者向けの無人タクシーを開発する。サービス開始は2021年をめざす。AP通信はこの取引について、ウーバーがこれ以上自力で自動運転車の開発を行う意思がないことを物語っていると考察している。

空飛ぶ車 - Sputnik 日本
日本、「空飛ぶ車」の技術開発と法整備を進める【動画】
ウーバーは3月にアリゾナ州での自動運転車の走行テストで交通事故を起こし、歩行者1人が死亡した後、無人自動車のテストを一時中断していた。当時テスト用の車両にはスウェーデンのボルボ社が使われていた。自動運転をしていたボルボ車は、道路規則で定められていない場所を横断していた女性を撥ねた。女性は搬送先の病院で怪我のために死亡した。

共同通信によれば、トヨタはウーバーの事故を受けて、米国数州の一般道で実施していた自社の無人自動車のテストを部分的に一時中断している。

関連ニュース

日本政府、「空飛ぶ車」開発に21社を招待へ

ウーバー 死亡事故車、被害者認識も無視=メディア

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала