京都アニメ 身柄確保の男性が重いやけど 「死ね」と叫んだ

© AFP 2022 / JIJI PRESS京都アニメ
京都アニメ - Sputnik 日本
京都市にある「京都アニメーション」のスタジオの火災で33人が死亡し、35人が負傷した事件で、放火した男性が身柄確保された。NHKが伝えた。

警察によると、男性(41)が所持していた免許証から以前さいたま市浦和区に住んでいたことがわかった。男性は「京都アニメーション」の元従業員ではなく、会社との関係はわかっていない。男性が重いやけどを負い、現在、治療を受けているため、事情聴取は行われていないという。

京都アニメ - Sputnik 日本
京都アニメ 警察の発表で死者数が33人に
報道によると、男性はスタジオに入って「死ね」と叫びながら、火をつけたという。現場付近でガソリンを入れる携行缶や複数の包丁などが発見。警察は放火した男性が持っていたものとみて殺人と現住建造物等放火の疑いで調べている。

18日午前10時半すぎ、男性が「京都アニメーション」 のスタジオの建物内でガソリンのような液体をまき放火。

1981年に創業した京都アニメーション、略称「京アニ」は、 主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・ 制作を行っている。テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」「 けいおん!」などのヒット作品を生み出している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала