心筋梗塞や脳卒中を予防する簡単な方法

© Depositphotos / JanPietruszka心筋梗塞や脳卒中を予防する簡単な方法
心筋梗塞や脳卒中を予防する簡単な方法 - Sputnik 日本
週に1、2回の短い昼寝が心筋梗塞や脳卒中の発症リスクを半分に下げる。このような報告を研究者らが英国の医療系雑誌『ハート』で発表した。

スイスのローザンヌ大学の研究者グループが8年間35歳から75歳の3262人の患者を観察した。観察開始時には、どの患者にも心臓に問題はなかったが、数年後には被験者に心血管系の発病が見受けられるようになり、死亡につながるようなものも含まれた。

米国研究者 コーヒーの最も有名な伝説を覆す - Sputnik 日本
米国研究者 コーヒーの最も有名な伝説を覆す
研究者らは患者たちの生活環境のタイプを詳細に分析し、また、性別や年齢、体重の指標、さまざまな疾患の遺伝的要因、有害な習慣といった追加的な要因に関しても研究を行った。

その結果、週に1、2回の短い昼寝をしていた被験者には、心筋梗塞と脳卒中の診断率が48%少ないことが明らかとなった。短時間の睡眠とは30分程度のもの。昼寝が長く頻繁なのは、逆に健康上の問題を証明していると研究者らは強調した。

仰向けの睡眠がもっとも有益

ロシアの心臓学者らは、昼寝が健康にとって有益だという意見に賛同している。

しかし、彼らは座った姿勢での休息には注意を呼びかけている。「座位」は心臓に悪影響を与える。この姿勢により腹腔内への圧力が高まり、その結果、腫れが生じる。これは静脈の拡大と血栓症を引き起こす。医師らによると、最適なのは仰向けでの睡眠だという。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала