北方艦隊遠征隊のボートがセイウチに襲われる 動画公開

ロシア北方艦隊とロシア地理学協会の共同遠征の参加者たちが、北極圏のゲッレル岬の近くで遠征隊のボートが雌のセイウチに襲われる様子を撮影した。動画はロシア地理学協会のサイトで公開された。

遠征は、ゼムリャフランツァヨシファ(フランツ・ヨーゼフ諸島)を発見したユリウス・パイヤーがその書籍『北極の氷の中での725日』に記したコースをたどっている。


セイウチは水中で攻撃的な行動を取り、ゴムボートを攻撃しようとしている。

男性の1人がセイウチをオールで追い払おうとし、ボートは急いで出発する。

ロシア地理学協会のメンバーとドキュメンタリー映画制作者のレオニード・クルグロフ氏によると、セイウチは岸から200メートル離れた場所で突然攻撃してきた。雌のセイウチは、近くに偶然現れた遠征隊から子どものセイウチを守ろうとしたものとみられている。

嶼群ゼムリャフランツァヨシファ - Sputnik 日本
北氷洋にロシアの新しい島 北方艦隊の探査で発見
クルグロフ氏は「初めセイウチは船首部分を突いた。我々は氷の塊にぶつかったのだと思った。状況を確認している間にセイウチはボートの反対側へ泳いで移動し、ちょうど私が座っていた部分を突いた」と振り返っている。

ゴムボートは収縮し始め、乗っていた人々はオールでセイウチを追い払おうとし、セイウチによる攻撃を主力船に報告、ボートから水をかき出しながら1本の空気ボンベで岸に到着した。岸では救助に駆け付けたボートが待機していた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала