災害の増加で火災保険料2021年にも値上げの見通し

損害保険各社が2021年にも火災保険の保険料を値上げする見通し。相次ぐ自然災害で保険金の支払いが増えており、保険料は10月に引き上げられたばかり。家計の圧迫が懸念されている。NHKが報じた。

ニコライ堂 - Sputnik 日本
ニコライ堂の事務所の屋根飛ぶ 台風の強風受け 拝観中止に【写真】
火災や台風、大雨などの風水害による住宅や家財の被害を補償する火災保険は、大規模な自然災害が相次いだことから、2018年に支払われた保険金の1兆7000億円に達し、過去最高額を記録した。こうした状況を受けて、損害保険各社の採算が悪化している。

このため損保各社でつくる団体は、保険料を設定する際の目安となる「参考純率」を引き上げることを決定した。

引き上げ幅は全国平均で4.9%で、損保各社は目安の引き上げを受けて2021年にも、火災保険料を値上げする見通し。

目安は2018年も5.5%引き上げられており、損保各社は10月から保険料を値上げしたばかり。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала