青少年の80%が運動不足=WHO

© Depositphotos.com / Oneinchpunch日本学生(アカイーブ写真)
日本学生(アカイーブ写真) - Sputnik 日本
世界保健機関(WHO)は、青少年の80%以上が運動不足であり、健康に悪影響を及ぼしていると発表した。WHOは、青少年の運動不足を解消するための対策を各国は早期に講じる必要があると考えている。医学誌「ランセット・チャイルド・アンド・ アドレセント・ヘルス(The Lancet Child & Adolescent Health)」にWHOの調査結果が掲載された。

調査では、レジャーとスポーツ、家事、ゲーム、ウォーキング、サイクリング、体育などが考慮された。青少年の運動不足を解消するためには「早期の対策が必要」だと強調されている。

スープの作り方 - Sputnik 日本
ブイヨンは、死に至る病気から救うことができる=研究
調査は146か国の11歳から17歳までの学生160万人を対象に実施され、80%以上の学生(女子85%、男子78%)が、推奨されている少なくとも1日1時間の中等度から高強度の身体活動を行っていないことがわかった。

また調査では、146か国中142か国で女子のほうが身体活動量が少ないことが明らかとなった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала