医師が警告 ビタミンD不足の危険性

ビタミンD不足は冬や春に頻繁に風邪を引く原因になると、医師で栄養士のエレナ・ソロマティ ナ氏は指摘する。

同医師は、ビタミンD集中力や記憶力の回復に役立つと説明する。同医師によれば、この栄養素は海の魚の脂肪分、特にタラの肝臓に豊富に含まれるという。

ダイエット - Sputnik 日本
たんぱく質ダイエットの何が危険か 研究者らが解明
ソロマティナ医師は、魚油を、たとえば、サプリメントで摂ることを推奨する。同医師によれば、魚油はビタミンDとω-3脂肪酸の最適の食物源であり、これらは脳の働きを活性化させる。

ω-3脂肪酸は、食事により体内に摂取され、細胞膜の中に蓄積される。こうして、同脂肪酸の効果が高まることで、細胞が活性化され、より良いエネルギー補給が行なわれ、代謝が促進される。

ω-3脂肪酸の摂取が十分な人々は、冬季にうつ病を発症することはないと、ソロマティナ医師は強調する。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала