フォーブス誌 米国のミサイル防衛システムの弱点を暴露

© AP Photo / Todd Pitman米国 軍事
米国 軍事 - Sputnik 日本
米国政府はアフガニスタンでの戦闘にすでに1兆ドルを支出したが、しかし、ミサイル攻撃からの米国防衛で倹約を続けている。フォーブス誌の論説委員ローレン・トンプソン氏が指摘した。

同氏によれば、2001年から2019年に米国政府は総額500億ドル(約5兆円)を自国のミサイル防衛システムに支出している。

放射線探知航空機WC-135 - Sputnik 日本
米国が日本に「放射線探知航空機WC-135」を緊急派遣 その目的は?
同氏は、「本当に必要な防衛の確立より安価であるため、深刻な結末となるおそれがある」と強調する。

同時に、たとえば朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)など、報復的な核攻撃の可能性を抑止することができないおそれがあるとトンプソン氏は指摘する。

米国の保険として、地上配備の弾道弾迎撃ミサイル「Ground-based Midcourse Defense」、略してGMDが配備された。このコンプレクスは、大陸間弾道ミサイルの飛行途中、つまり宇宙の段階で迎撃することが可能となる。国家安全保障に割り当てられた総額約500億ドルのほとんどが、まさにこのプロジェクトに支出された。

トンプソン氏によれば、システムは確かに何らかの理由で「思いがけずに発射されたミサイル」を迎撃することは可能だが、しかし、集中攻撃の際には、システムの装備がわずか44弾では役に立たないという。

トマホークの発射実験 - Sputnik 日本
日本にアメリカの中距離ミサイルが配備されることが、どうしてロシアにとって脅威となるのか?
また、1つの標的の迎撃に対して数発のミサイルが必要となる可能性がある。

米国議会はすでにこれらのシステムを20増加し、2022年までに配備することを決定している。しかし、このことは問題の解決を意味するものではないとトンプソン氏は考えている。同氏は、北朝鮮には核弾頭の搭載が可能なミサイルが存在するおそれがあると予想している。

情報分析の専門家らは、GMDの問題となる可能性がある敵ミサイルの49の潜在的な改良を明確にしている。トンプソン氏は、弾道弾迎撃ミサイルは近代化の必要性という問題に直面していると確信している。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала