F-35の飛行実験 コロナの影響で中止

CC0 / / F-35【アーカイブ】
F-35【アーカイブ】 - Sputnik 日本
米国はF-35戦闘機ライトニングⅡの飛行訓練をコロナウイルスのパンデミック状況を理由に中止した。ディフェンスニュースが報じた。

アメリカ兵
 - Sputnik 日本
過去25年で最大規模 NATOの欧州軍事演習 ロシアは危険視すべきか?
3月20日、米軍部はカリフォルニア州エドワーズ空軍基地への立ち入りを地元住民およびスタッフを除いて禁じた。F-35の実験は操縦、戦闘テストの最終段階として欠かせないものたっだが、中止された。ディフェンスニュースの消息筋は、テストを終了させるために欠かせないサイバーセキュリティとジョイント・シュミレーション・エンバイロメントの両システムのテストも、この分だと一時停止となる可能性があるともらしている。

ディフェンスニュースは、F-35 の部材の生産を担っていたイタリア、日本の工場も操業が一時停止状態に陥ったと報じていた。工場では新型コロナウイルスの爆発的な蔓延とそれに続くパンデミック状況を受けて、緊急の措置がとられていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала