ドーピングスキャンダル WADAがロシア人選手298の検体の調査終了を発表

© Sputnik / Aleksei Vitvitskiy / メディアバンクへ移行WADA
WADA - Sputnik 日本
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)がドーピング規則の違反が疑われたロシア人選手298人についての調査を終了したことをWADA公式サイトで明らかにした。

WADAの専門家らが収集した情報はすべて27の国際スポーツ連盟に送付された。選手の処罰については連盟の指導部が決定する。

エフゲニー・ウストイウゴフ選手 - Sputnik 日本
ロシア ソチ五輪でのメダル順位で1位の座を失う
1月、WADAのギュンター・ヤンガー調査官は、モスクワの実験室で検査された298の検体うち145は操作がなされていたことが調査の結果、明らかになったと発表していた。2019年12月初め、WADAはロシアのアンチ・ドーピング機関、RUSADAロシアに対し、今後4年間、世界的な大会、国際試合への参加を禁じると通知している。この期間、ロシアは国内での大会開催が出来なくなる。

ロシア人選手らが大きな国際大会に参加する際は、国を代表することは認められず、中立の立場で出場しなければならず、補足的なドーピング検査を受けねばならなくなる。

関連ニュース

ロシア反ドーピング機関 WADA制裁に同意しない旨を通達

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала