米国 オープンスカイズ条約脱退を宣言へ NYT情報

ニューヨークタイムズ紙が米行政府内の高官の消息筋情報として、米国がオープンスカイズ条約からの脱退を近く宣言すると報じた。同紙は、米国のこの脱退で今後の露米関係は影響を受けかねないとの見方を示している。

米国の同条約の脱退計画については2019年10月、米国のメディアがこれを報じており、その際、ロシア大統領府は米メディア報道を信頼していないと発表していた。

「 ブレヴェスニク」ミサイルの実験 - Sputnik 日本
NATO、ロシアの最新ミサイル兵器は新STARTの対象になる可能性があると考える
米国がオープンスカイズ条約からの脱退するということは、露米関係の重要な根幹をなし、来年2021年に失効する新戦略兵器削減条約(新START)の延長をトランプ米大統領が意図していない恐れがある。

オープンスカイズ条約は1992年に調印され、「冷戦」後の欧州における信頼醸成措置の一つとなった。同条約は2002年から有効となり、条約参加国は互いの軍や活動に関する情報を公然と収集することができる。オープンスカイズ条約の締結国は現在、34か国を数える。

オープンスカイズ条約については、過去に露米は互いに相手が違反したとして非難を繰り返してきた。

2020年1月、ロシアのラブロフ外相は、条件をつけずに新STARTを延長することをロシアは支持すると表明する一方で、この件について米国からの明確なシグナルは見えないと語っていた。

2019年末、ロシアは新STARTの5年延長を提案していた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала