南アジアで新型コロナウイルスの感染状況が悪化

© AFP 2022 / Tauseef Mustafaインド
インド - Sputnik 日本
各国で新型コロナウイルスのパンデミックに対する規制の解除が進められるなか、南アジア地域の感染は逆に拡大している。

世界の感染状況の統計を表すサイト「ワールドメーター」によれば、22日、インドで新たに確認された感染症例は6198件。22日現在、国内で11万9000人超の感染が確認され、死者は3600人を超えている。

スウェーデン(5月8日) - Sputnik 日本
スウェーデンのコロナ対策手法 日本でも利用可能か? ウイルスとその影響、どちらが深刻?
また、ワールドメーターのデータによれば、インドネシアではこの数日で634人が感染している。国内で確認された発症者数は2万人を上回り、1326人がウイルスが原因で亡くなった。

パキスタンでは22日、新型コロナウイルスにより1日で50人が亡くなり、国内での発症以来、死亡者数としては3番目に多い結果となった。同国では5万人の感染が確認され、死亡者数は1000人を超えている。

「ワールドメーター」と米国のジョンズ・ホプキンズ大学の統計データでは、新型コロナウイルスの感染者数が最も多いのは米国とロシア、ブラジルの3ヵ国。ただしブラジルでは感染者数の急増が確認されており、世界でもっとも突出した感染状況にある国として米国に次ぐおそれがある。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
南アジアで新型コロナウイルスの感染状況が悪化 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала