退屈な仕事に苦悩 フランス人が会社から5万ユーロの賠償受領

仏フレグランス大手「インターパルファム」に勤務していたフレデリック・デナルさんはその仕事のあまりの退屈さに苦しみ、神経に異常をきたして鬱になった。とうとう司法の場で争った挙句、デナルさんには5万ユーロ(およそ600万円)の賠償金判決が下された。ニューズウィークが報じた。

デナルさんの話では、職場ではデナルさんの出社第1日目から「誰も何も意に介せず」の状態だった。オフィスには文具もろくになく、プリンターには紙さえなかった。デナルさんはせっせと文具を買いに走り、それで一日が暮れていった。時には課題が与えられることもあったが、それがまたデナルさんの担当範囲とは全くかけ離れたものだった。

金(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
SNSで人も羨むゴージャスな写真 これが元でお縄となった米夫婦【写真】
「恥ずかしさをこらえていました。給与をもらっているのに何もしていないのですから。」 デナルさんの苦しむ姿を見ていた同僚は、デナルさんは自殺まで考え、それについて始終口にしていたと断言している。

とうとうデナルさんはオフィスに姿を現さなくなった。そうして通勤しなくなって7か月がたった時、デナルさんは解雇された。そこでデナルさんは損害賠償として36万ユーロ(約4400万円)の支払いを求めた。

これが起きたのは2014年の話だが、世間に知られるようになったのは2年後の2016年。裁判は2020年間で延々と続き、デナルさんは司法の場でも、雇用者側にもインターパルファム勤務時代にいかに辛い思いを味わってきたかを訴え続けた。

エルトン・ジョン - Sputnik 日本
エルトン・ジョンさん、50年前に別れた元婚約者の手術費用を支払う
企業側はつまらない仕事とはデナルさんは苦情を言わなかったと主張し続けたが、裁判官は原告の側につき、企業に5万ユーロの賠償金(デナルさんは36万ユーロを請求していた)支払いを命じた。

仏労働法の規定では、被雇用者の提供するサービスが作業プロセスの刷新で不要になったとしても、雇用者はそう簡単に社員を解雇できない。このため多くの被雇用者は自分の方から辞職を願い出ない限り、延々と意味のない課題に取り組まされる。

関連ニュース

インドの青年、テスラ自動操縦でイノシシとの衝突回避 ネットでは半信半疑もマスク氏が解説

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала