新型コロナ 2019年12月にはイタリアで発生 サンプルの排水から検出

新型コロナウイルスは2019年の12月にはイタリアのミラノとトリノの排水で発生していた。イタリア国立衛生研究所の専門家が調査結果を発表した。

研究者らは、2019年10月から2020年2月までに集められた排水の40サンプルを調査した。

自然(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
生物学者の見解 コロナ発生理由
調査の結果、2019年12月18日にミラノとトリノで収集されたサンプルと、2020年1月29日にボローニャで取集されたサンプルから新型コロナウイルスが検出された。

同研究所では、得られた情報はイタリアからウイルス拡散がはじまったということを示すものではないと強調した。しかし、研究者らは欧州でのウイルス拡散の時間的な経緯に疑問を感じている。

研究結果からは、学術界では定説とされる欧州での感染拡大の経緯に疑問が投げかけられることとなった。

関連ニュース

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
新型コロナ 2019年12月にはイタリアで発生 サンプルの排水から検出 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала