露ハバロフスク市で初雪【写真】

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行Прохожие во время снегопада в Театральном сквере в Новосибирске
Прохожие во время снегопада в Театральном сквере в Новосибирске - Sputnik 日本
極東ロシアのハバロフスク市では14日未明、初雪が観測された。例年よりも4日早い。ハバロフスク気象庁が明らかにした。

ロシア正教会では14日に生神女庇護祭(せいしんじょひごさい)が祝われている。

日露協同まちづくり - Sputnik 日本
ユジノサハリンスク市民が選んだ、日露の協力プロジェクト:新しいまちづくりに期待

民間信仰では、この日に雪が観測されると、冬の訪れは早いとされている。例年、ハバロフスクでは10月18日ごろに初雪が観測されている。

ヤクーツク上空から寒気が流れ込んだことによりハバロフスクでは初雪となった。寒気は16日まで上空に留まると見られており、その後は数日にわたって小春日和が続く見通し。週末にかけて最低気温は0度からマイナス3度まで下がり、日中でも最高気温は8度を超えない。

​観測史上、ハバロフスクで最も早い初雪は1964年に確認され、その際の初雪は9月末だった。例年、10月中旬となっている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала