Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

露アルタイで、ワクチン接種を受けた医師3人がコロナに感染

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation / メディアバンクへ移行コロナワクチン【資料写真】
コロナワクチン【資料写真】 - Sputnik 日本
ロシア中南部アルタイ地方で、ロシア製新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の接種を受けた医師3人が、新型コロナに感染した。これは、ウイルスに遭遇するまでに免疫構築が間に合わなかったために起こったとみられる。アルタイ地方政府が、同地方の保健省を引用して発表した。

ネットフリックス - Sputnik 日本
自己隔離期間に高騰した企業株価が崩壊 ファイザー社の新型コロナ用ワクチン実験成功の報道から
地方政府は「アルタイ地方では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を最初に受けた42人の医師のうち3人がコロナウイルスに感染した... ワクチン接種を受けたものの感染した医師らの免疫は、おそらく新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の病原体に遭遇するまでに構築が間に合わなかったとみられる。これのみが医師らが感染した原因となりうる」と発表した。アルタイ地方政府によると、医師らが接種を受けたのは「スプートニクV」。

保健省の説明によると、ワクチンは2回接種で、1回目から3週間後に2回目の接種を受ける。2回目のワクチン接種から3週間は免疫構築が行われるため、ワクチン接種済み、すなわち、新型コロナウイルス感染症から保護されているとみなされるのは、2回目のワクチン接種から3週間後となる。

ロシアの新型コロナワクチン

ロシアは2020年8月11日、 世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認した。 ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。

臨床試験はロシア保健省から許可を得たガマレヤ国立疫学・ 微生物学研究センターによって6月から7月に実施された。

「スプートニクV」は多数のワクチン生産で実証済みのプラッ トフォームを基盤につくられた。ロシア保健省は、これまでに実施された「スプートニクV」の接種により最大2年間の 長期的な免疫ができることが示されたとしている。

ロシア製ワクチン第2号となる国立ベクターセンター開発の「エピワクコロナ」は今月14日にロシア消費者権利・福祉監督庁に登録された。医薬品登録後調査にはロシア各地域の計4万人が参加する。これとは別に年齢60歳以上の有志150人を対象に試験を実施する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала