ボーイング社 航空企業に737MAX機の供給を再開

© AP Photo / LM Oteroボーイング737 MAX
ボーイング737 MAX - Sputnik 日本
ユナイテッド航空社は、ボーイング737 MAX機の供給を再開する初の企業となった。11月に同機の供給が米国の連邦航空局によって許可された。737 MAX機の供給再開に関してユナイテッド航空のプレスサービスを引用しウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

今回、企業に提供された航空機は、今年末までに納品が予定される8機のうちはじめてのものとなった。

ボーイング737MAX - Sputnik 日本
墜落事故の737MAXが生産再開 乗客は利用するか?
報道によれば、納品された航空機は、2021年の第1四半期に乗客輸送が許可される前に、テスト飛行が予定されている。このモデルの操縦を行うこととなるパイロットは、再訓練プログラムを終了しなければならない。

737 MAXモデルの生産と供給を再開する許可を得るためにボーイング社は、安全制御システムのプログラムに一連の具体的変更を実施した。

現在、ボーイング社ではすでに同モデル450機の供給が用意されている。

ボーイング737MAXの運航は2度の墜落事故を受け2019年3月に停止している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала