メディア:パキスタンで強姦犯に対する化学的去勢を承認

© AP Photo / K. M. Chaudaryパキスタン
パキスタン - Sputnik 日本
パキスタンのアリフ・アルヴィ大統領が強姦防止に関する法令を承認した。この法令は、裁判所での強姦事件の迅速な審理を促進し、犯人の化学的去勢を承認している。地元紙ダウンが報じた。 

報道によれば、強姦犯の去勢は手続き上本人の承諾を必要としない。拒否した場合、犯人には死刑や終身刑、禁固25年などが言い渡される可能性がある。

マラドーナへの黙祷 - Sputnik 日本
「レイプ魔で虐待者」 スペイン女子サッカー選手 試合前にマラドーナへの黙祷を拒否
同紙によれば、女性や子どもへの強姦事件の迅速な審理を行うため全国に特別裁判所が設置されることとなる。この裁判所は4ヶ月程度でこうした事件の判決を下すことになる。

また法令は、性犯罪者のデータベースの構築を提案している。被害者のデータ公表は禁じられ、刑事罰の対象となる。また、性犯罪事件の捜査を怠った警察および当局の職員は、3年の禁固刑が言い渡され、罰金を支払うことになる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала