Windows 10の12月のアップデートは、「死のブルースクリーン」を引き起こす

© Depositphotos.com / Dennizn「死のブルースクリーン」
「死のブルースクリーン」 - Sputnik 日本
マイクロソフト のオペレーティングシステム (OS )「 Windows 10」の12月のアップデートは、パソコンに深刻な問題を引き起こす可能性がある。Windows Latestが、アップデートKB4592438の問題について伝えている。

一部のユーザーは、アップデートのインストール後に不具合やエラーに直面した。プロセッサー(CPU)の負荷が急上昇したり、ストリーミング動画の視聴などのシンプルなタスクで動作が鈍くなった。重大なシステム障害である「死のブルースクリーン」が表示されたケースもあるという。

マイクロソフト - Sputnik 日本
米国でマイクロソフト製品がハッキング被害 政府機関も標的に=メディア報道
マイクロソフトは今のところ問題についてコメントしていない。アップデートで問題に直面したユーザーたちは、アンインストールして前のバージョンのWindows10に戻すことを勧めている。

先に、米マイクロソフトがユーザーの意向に反して古いWindows OSを強制的にアップデートすると報じられた。これは、Windows10バージョン1909およびWindows 10 バージョン 2004以前のOSが対象となる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала