Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシア直接投資基金 コロナワクチン「スプートニクV」トルコ生産で契約調印

© Sputnik / Hungarian Foreign Ministry / フォトバンクに移行Российская вакцина от коронавируса доставлена в Венгрию
Российская вакцина от коронавируса доставлена в Венгрию - Sputnik 日本
ロシア直接投資基金はトルコの大手製薬会社とコロナワクチン「スプートニクV」のトルコ生産について契約書に調印し、技術移転を開始した。現地製薬会社との提携は「スプートニクV」ワクチンの国外市場展開の一環として行われている。

ロシア直接投資基金によると「同ワクチンの生産規模は年間100万回分を想定し、将来的な生産拡張の可能性についても検討されている。スプートニクVはトルコ国内市場だけでなく他の国々にも供給される予定」という。

A medical worker prepares the first injection in the region of Madrid with a dose of Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine, at Vallecas nursing home as the coronavirus disease (COVID-19) outbreak continues, in Madrid, Spain December 27, 2020 - Sputnik 日本
「世界の実践に矛盾」 WHOはなぜファイザーだけに「青信号」?
トルコ側は「スプートニクV」に大きな関心を示しており、その有効性が90%を超えていることに注目。国内の予防接種のほか、第三国への輸出も視野に入れている。

コロナワクチン「スプートニクV」はすでにロシア、ベラルーシ、アルゼンチン、アラブ首長国連邦、ハンガリー、セルビア、ボリビア、アルジェリア、パレスチナ、ベネズエラ、パラグアイ、トルクメニスタンの当局から承認を受けている。EUでの登録申請手続きも開始された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала