不眠症の死を招きかねない危険な結末が研究で明らかに

© Depositphotos.com / HayDmitriy 睡眠
睡眠 - Sputnik 日本, 1920, 04.11.2021
英国、オランダ、スウェーデンの合同研究で不眠症が動脈瘤の形成や破裂の危険因子となる可能性が示された。不眠症の招く危険な結果を示す論文が米国心臓協会誌に掲載されている。
この研究の狙いは、動脈瘤(脳内の血管が曲がること)に関連する危険因子の特定。動脈瘤は成人人口の3%以上に形成され、そのうち2.5%は破裂し、しばしば致命的な脳出血を引き起こす。
研究では、約6300例の頭蓋内動脈瘤と約4200例のくも膜下出血に関するいくつかの調査データが分析された
心不全で亡くならないために 理想的な睡眠時間は? - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2020
IT・科学
心不全で亡くならないために 理想的な睡眠時間は?
その結果、不眠症の遺伝的素因は、頭蓋内動脈瘤および出血のリスクを24%増加させることがわかった。喫煙の習慣がある、あるいは血圧が10高かった人ではそのリスクは3倍に増えていた。
論文の著者の一人であるカロリンスカ研究所のスサンナ・ラルセン准教授は、「不眠症と頭蓋内動脈瘤の関連性はこれまで明らかにされていないため、今回の知見はさらなる研究で確認が必要」と述べている。
関連ニュース
睡眠の質を上げるには? 神経学者が簡単で効果的な方法を紹介
医師が指摘 不眠症の対応でやってはいけないこと
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала