バイデン大統領、近くプーチン大統領、ゼレンスキー大統領と会談する可能性

© REUTERS / Tom Brennerバイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
ジョー・バイデン米大統領は26日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とまもなく会談する可能性があると述べた。
マサチューセッツ州ナンタケットで家族と休暇を過ごしているバイデン氏は、記者団のこうした質問に対し「おそらく」と答えた。
バイデン氏は、ウクライナ情勢やクーデターに関する情報について尋ねられ、「懸念している」と答えた。ウクライナでのクーデターの可能性について、バイデン氏は「我々はウクライナの領土保全とウクライナの自己統治能力を保障する。我々は遠隔で計画されていようと、あらゆるものに反対する」と述べた。
米国とEUの旗 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2021
米国、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性を説くもEUの信頼得られず=WSJ
ゼレンスキー氏は26日、記者会見で、12月1日に国内でクーデターが計画されており、実業家のリナト・アフメトフ氏を巻き込もうとしているという情報を受け取ったと述べた。またゼレンスキー氏は、自身が入手した情報によると、クーデターの組織に10億ドルを調達することが計画されていると語った。ゼレンスキー氏は、これらの資金を誰が手配するとされているのかについては特定しなかった。
先に、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、プーチン大統領とバイデン大統領の新たな会談については交渉中であり、まだ明確ではないと述べている。
関連ニュース
米国はウクライナ情勢で躊躇なくロシアに立ち向かう=米国務省
米諜報組織、ロシアがウクライナに間もなく「侵攻」すると同盟国に警告=NYT
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала