Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロン株が他の変異株よりも重症化しやすいのかは不明=WHO

© AP Photo / Raphael SatterWHO
WHO - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
WHO(世界保健機関)は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染した場合、「デルタ株」などの他の変異株よりも重症を引き起こすのかどうかという情報について、まだ明らかではないとした。28日にWHOが発行したニュースレターに記載されている。
WHOは「予備データは南アフリカにおける入院率の上昇を示しているが、これは感染者数の全体的な増加によるものであり、オミクロン株の感染によるものではない可能性がある」と説明した
こうした上で「オミクロン株の重症度を把握するためには、数日から数週間かかる」とした。
新たな変異株が「オミクロン」と命名された理由が明らかに - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
新型コロナウイルス
新たな変異株が「オミクロン」と命名された理由が明らかに
またWHOは、現時点ではオミクロン株に感染した場合の症状が他の菌株と比べて異なるという情報はないとしている。
WHOは、専門家グループと協力し、オミクロン株に対する既存のワクチンの有効性や、その他の対策が与える影響について調査している。ワクチン接種については「現在流行の主流となっているデルタ株に対するものを含め、重症化率や死亡率を下げる上で引き続き重要だ」と強調した。
関連ニュース
南ア保健省、オミクロン株の特徴とワクチンの有効性について語る
オミクロン株に対する各国の反応は「不当」=南ア保健相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала