米露会談がNATOを激怒=ブルームバーグ

© 写真 : NATONATO、ブリュッセル市
NATO、ブリュッセル市 - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
東欧の国々は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国とロシア代表が出席した会合を開催するという米国のジョー・バイデン大統領の提案を非難した。ブルームバーグが報じた。
同通信社に対し東欧の匿名の外交官が語ったところによれば、この件で東欧のある国の政権が「激怒」し、米国大統領が予定している内容を明らかにするよう求めているという。
報道によれば、NATOの「東側」は、同条約機構の行動の自由に対する制限および政治的な保証という観点から、ロシアとの交渉の実施でどのような譲歩が行われるかを懸念しているという。
12月7日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と米国のジョー・バイデン大統領がオンラインで会談を行った。会談はおよそ2時間にわたった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала