Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

香港の研究チーム「オミクロン株に対するファイザー製ワクチンの有効性は従来の32分の1」

© REUTERS / Dado Ruvicファイザー製ワクチン
ファイザー製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
香港大学と香港中文大学の研究チームは、新型コロナウイルス変異株オミクロンに対するファイザー製ワクチンの有効性は、初期コロナウイルスに比べて32分の1になるとの研究結果を発表した。サウスチャイナ・モーニングポストが報じた。
香港大学医学部のマリク・ペイリス教授は「多くの人(ファイザー製ワクチンを2回接種済み)が元の形であるSars-CoV-2に対して高い抗ウイルス活性をもっていたが、オミクロン株に対してはこの力は32分の1以下になる」と説明。
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
新型コロナウイルス
オミクロン株、2度のワクチン接種では無意味=イスラエル研究
論文では、研究チームは近いうちに香港で入手可能な別のワクチン「シノバック」の有効性についても調べる予定だとしている。
研究チームはまた、ワクチンはこれまでと変わらず、コロナウイルス感染症の重症化や死亡リスクから人々を守る力があると指摘している。
関連ニュース
オミクロン株には計4回の接種が必要=ビオンテックCEO
ゲイツ氏が新型コロナのパンデミックの終了時期を予想
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала