外交官追放の関連でドイツのロシア大使館が抗議

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行Здание Министерства иностранных дел РФ на Смоленской-Сенной площади в Москве
Здание Министерства иностранных дел РФ на Смоленской-Сенной площади в Москве - Sputnik 日本, 1920, 16.12.2021
ベルリンのロシア大使館はドイツ外務省が2名の外交官をペルソナ・ノン・グラータとして国外追放処分した関連で厳しく抗議した。これらの外交官はグルジア(ジョージア)人の殺害に関連して追放された。
12月15日、ベルリン最高裁判所は、ロシア人ワジム・ソコロフ(クラシコフ)被告をグルジア人ゼリムハン・ハンゴシヴィリ氏(40)の殺害で有罪とし、無期懲役の判決を下した。終身刑を求刑した検察庁はその理由について「ロシアの政府機関から」の指示で殺人が行われたと主張している。弁護側はこれに対して証拠不十分であると主張していた。
ドイツ外務省の決定を受けてロシア大使館のセルゲイ・ネチャエフ大使は外交官の追放処分に対する抗議を表明した。その中でネチャエフ大使は国外追放処分について、「動機不十分な行為は明らかに非友好的なアプローチを示すものであり、同様の反応を引き起こさざるを得ない」と表明し、対抗措置を講じる姿勢を示した。
ドイツのオーラフ・ショルツ新首相 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
バイデン氏、ショルツ新首相と電話会談 ロシア・ウクライナ問題での連携に期待 
ハンゴシヴィリ氏は2019年8月、ベルリンのティーアガルテン公園で射殺された。容疑者とされたのはロシア国籍のワジム・ソコロフ。ドイツ側の捜査によると、ソコロフ、本名ワジム・クラシコフは自転車でハンゴシヴィリ氏に近づき、サイレンサー付きのピストル「グロック26」で殺害した。ハンゴシヴィリは即死。事件の審理は、2020年、ベルリンで開始されていた。
この件についてはドイツ側はすでに2019年12月の時点でロシア人外交官の国外追放を伴う同様の措置をとっている。
関連ニュース
ドイツ新首相の「ノルドストリーム2」に関する見解
NATO外相ら、ウクライナ情勢で対露制裁を協議=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала