NATOの欧州軍司令官、ブルガリアとルーマニアに派兵を提案

© AP Photo / Mindaugas KulbisИстребитель ВВС США F-22 Raptor на авиабазе Зокняй, Литва
Истребитель ВВС США F-22 Raptor на авиабазе Зокняй, Литва - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2021
北大西洋条約機構(NATO)のトッド・ウォルターズ欧州軍司令官は加盟国の国防相を集めた極秘のビデオ会議で、ブルガリアとルーマニアに同盟軍の部隊を派遣することを提案した。独紙デア・シュピーゲルが独自の情報を元に報じた。
この計画は加盟国の国防相が集まるビデオ極秘会議の中で提案された。報道によると、ウォルターズ欧州軍司令官は「強化された前線プレゼンス」(eFP)の枠組みでブルガリアとルーマニアに1500人規模の部隊展開を提案したという。
Истребители F-15C во время полета  - Sputnik 日本, 1920, 16.12.2021
F15戦闘機がルーマニアに到着、NATOのプレゼンスを強化
これは既にポーランドとバルト三国で実施されているプログラムと類似したものになるとのこと。ウォルターズ欧州軍司令官はこの部隊増強について、他国を挑発するものではなく、加盟国の安全を保障することが目的と指摘したという。
報道によると、NATOのプレゼンス強化に関する提案は、ロシア軍がウクライナとの国境で部隊を増強していることに関連している。ただし、NATOはこの提案に関して、メディアの取材に応じていない。なお、外交の消息筋によると、このテーマは次のNATO防衛相会談でも議論されるという。
制裁(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 17.12.2021
ロシアを国際的な決済システムから追放することは欧州に問題を引き起こす=ブルームバーグ
近年ロシアはNATOが前例のないほど活動を活発化させていると表明している。NATOはこれを「ロシアの攻勢を封じ込める」ためと正当化している。これに対し、ロシア側は一度ならずNATOの東方拡大に懸念を表明してきた。また、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する「前例のない経済制裁」を同盟国と検討している。一方、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
関連ニュース
ロシア外務省 米国とNATOとの相互安全保障条約の素案を発表
ロシアの抗議にも関わらずNATOは東進を継続=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала