バイデン時代の米国、覇権争いから露中を退ける=米国務長官

© REUTERS / Ben StansallГоссекретарь США Энтони Блинкен
Госсекретарь США Энтони Блинкен - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2021
ジョー・バイデン大統領の時代に米国は世界における自らの立場を強化し、国際社会のシステムをロシアと中国による覇権争いから防衛する用意がある。アントニー・ブリンケン国務長官が発言した。また、露米首脳会談はウクライナ情勢の緊張緩和と並行して進める必要があるとし、近く開催される予定はないとも表明した。
ブリンケン国務長官は記者会見の中で次のように発言した。

我々は世界での立場を強化したた……そして我々は中国やロシアのように、我々が建設する国際システムの破壊を目指す国々と渡り合う上で、より有効な地政学的立場にある。

ロシア軍 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
プーチン大統領、ロシア軍近代化について語る
ブリンケン国務長官によると、米国は世界をより自由で相互に連携したものとすることを目指していると主張した。
また、バイデン大統領とプーチン大統領の会談が近く開催される予定はないとも表明した。
ブリンケン国務長官は露米首脳会談について、ウクライナ情勢の緊張緩和と並行して進める必要があると指摘し、まずはロシア側がウクライナとの国境付近に展開している部隊を撤退させることが優先事項であると指摘した。
Истребитель ВВС США F-22 Raptor на авиабазе Зокняй, Литва - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2021
NATOの欧州軍司令官、ブルガリアとルーマニアに派兵を提案
関連ニュース
ウクライナめぐり、キューバ危機繰り返してはならない=キセリョフ「ロシア・セヴォードニャ」代表
NATOがロシアの安全保障交渉に応じない場合、対抗の脅威を用意=露外務次官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала