プーチン大統領 ロシアは2060年までにカーボンニュートラル達成を計画

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / メディアバンクへ移行ロシア
ロシア - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
ロシアのプーチン大統領は26日、イタリア企業の代表者との懇談の席で、ロシアは2060年までにカーボンニュートラル達成を計画していることを明らかにした。
プーチン大統領は、「ロシアは最近、低炭素経済の実現に向けて一連の重要なステップを踏み出した。カーボンニュートラルは2060年までに達成する計画だ」と述べた。
また、プーチン大統領はロシア北部ムルマンスク州の風力発電所では、将来的に欧州諸国への輸出向けのグリーン水素の製造を予定していると明かしている。
プーチン大統領は「イタリア企業は風力発電所建設にすでに約5億ユーロを投資している。これはスタヴロポリ地方、ロストフ、ロシア南部、ムルマンスク州にできるものだ」と述べた。
2060年までのカーボンニュートラル達成計画は先に中国も表している
関連ニュース
2040年までにカーボンニュートラル アマゾンが全社用車をEVへ
「今、すでに救えない国がある」 国連の地球温暖化に関する報告書
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала