ドイツのペヒシュタイン選手、五輪史上最年長の女子選手に

© AFP 2022 / Sebastien Bozonクラウディア・ペヒシュタイン選手
クラウディア・ペヒシュタイン選手 - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
北京五輪のスピードスケート女子3000メートルが5日行われ、ドイツのクラウディア・ペヒシュタイン選手(49)が出場した。ペヒシュタイン選手は、五輪史上最年長の女子選手となった。
今月22日に50歳になるペヒシュタイン選手は、米領バージン諸島のリュージュ選手、アン・アバナシーさんが持っていた記録を更新した。アバナシーさんは2002年、49歳でソルトレークシティー五輪に出場した。
ペヒシュタイン選手にとって今回のオリンピックは8度目。ノルディックスキー・ジャンプ男子の日本の葛西紀明選手の冬季五輪最多出場記録に並んだ。
北京五輪 - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
「まるでイカゲーム」 ―北京五輪の特徴とは?
なお、ペヒシュタイン選手は5日の3000メートルでは成績がふるわず、最下位の20位だった。ペヒシュタイン選手は、スピードスケート女子マススタートにも出場する予定。
ペヒシュタイン選手は、五輪で金メダル5個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得している。1992年のアルベールビルオリンピックに初出場して以降、血液の異常値で出場できなかった2010年バンクーバーオリンピックを除く8大会に出場。
関連ニュース
女性関連のニュースは男性より少ない GMMP調査
「コロナ検査の夢を見た」 クロスカントリースキー五輪女王を悩ました悪夢
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала