人気のあるビタミンの過剰摂取の危険性が明らかに

© Depositphotos.com / Ngaga35ビタミン
ビタミン - Sputnik 日本, 1920, 06.02.2022
最高位の医師で免疫・アレルギー専門医のナジェージダ・ロギナ氏は、URA.RUのインタビューで、人気のあるビタミンDの過剰摂取の危険性について語った。
ロギナ氏は、ビタミンDの過剰によって骨からカルシウムが溶けだし、骨がもろくなる可能性があるため「すべてが体内貯蔵量の基準に合致していなければならない」と強調した。
また同氏は、ビタミンDは医師の監督のもとで剤形として摂取する必要があると指摘し、「魚は食欲、年齢、身長に応じて医師の監督なしで食べることができる。一方、ビタミンDそのものと、その摂取の量、期間、頻度は、医師の合意を得たほうがいい」と述べた。
ロギナ氏によると、アレルギー専門医や免疫専門医だけでなく、内科医、消化器専門医、心臓専門医もビタミンの摂取を管理できるという。
以前、新型コロナウイルス感染症の予防におけるビタミンDの効果について伝えられた
ニュースなどの内容を医師の所見や処方と同様に扱ってはいけない。決める前に専門家と相談すること。
関連ニュース
コロナ感染で味覚が消える 謎が解明
新型コロナウイルスを一瞬で死滅させる方法が見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала