ビタミンCで11種のがんリスクが低減

© Depositphotos / VitanovskiРаковая клетка в теле человека
Раковая клетка в теле человека - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
ビタミンCを定期的に摂取することで11種類のがんのリスクを低減することができる。こうした研究結果が学術誌「栄養学のフロンティア」に掲載された。
研究では、ビタミンCのがん予防効果を詳述した科学論文3562本が調査された。その結果、ビタミンCの摂取で多くのがんの発症リスクを著しく抑えることができることが結論づけられた。
研究者らは「ビタミンCの摂取は、乳がん、子宮内膜がん、食道がん、胃がん、肺がん、前立腺がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がん、神経膠腫(グリオーマ)がん、腎細胞がんなど、すべてのがんの発生率の低下と関連していた 」と指摘した。
野菜 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
ガンを引き起こしやすい野菜が明らかに
こうした一方でこの分析をはじめとして、ビタミンCのガン予防効果をうたう研究の多くは、ビタミンCを摂取した被験者が食品で摂ったのか、またはサプリメントを飲んだのか、その方法を明示していない。このためビタミンC摂取の正確な用量は現時点では特定できない。
ニュースなどの内容を医師の所見や処方と同様に扱ってはいけない。決める前に専門家と相談すること。
関連ニュース
がん細胞を殺す「スーパーフード」 その意外なものとは?
恐るべき肺がん その兆候とは? 英国の医師らが紹介
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала