ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

プーチン氏がウクライナ情勢について交渉する用意がある=ペスコフ大統領報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ロシアのペスコフ大統領報道官
ロシアのペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 15.02.2022
ロシアのプーチン大統領はウクライナ情勢と安全保障問題について話し合う用意がある。ロシアのペスコフ大統領報道官が明らかにした。
ペスコフ氏は「プーチン大統領は今まで交渉と外交を主張してきた。実際、プーチン氏はロシアの安全保障の交渉を開始した」と述べた。
ウクライナ - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
軍事侵攻をめぐる過熱報道と解釈のズレ 米ウクライナに緊張高まる=米マスコミ
ペスコフ氏は「ウクライナ情勢はロシアの安全保障のより大きな問題の一部であるため、ロシアの大統領は交渉する用意がある」と強調した。
ここ最近、欧米諸国やウクライナでは、ロシアによるウクライナ侵攻が差し迫っていると囁かれている。一方のロシアはこのような非難を何度となく否定し、どの国に対しても攻撃するつもりはなく、「ロシアのアグレッシブ」はロシア国境にNATOがさらに兵器を配備するための口実として使われていると説明している。
これより前、ロシアはNATOが東方に拡大せず、ウクライナがNATOに加盟しないという保証を米国に求めていた。しかしブリンケン米国務長官は、米国は今後も、NATOの扉はオープンであるという原則を続けていくと表明した。
米国はこれより前、ウクライナにJAVELIN300基を含む貨物79トンを供与。ブリンケン国務長官はまた、近々ウクライナに新たな軍装備が届くと語った。ロシア大使館では、米国兵器はウクライナで戦闘員やテロリストの手に渡る可能性があると指摘している。
関連ニュース
ウクライナ外相、露およびウィーン文書署名国との会談を要請 48時間以内に
国連事務総長 ロシア、ウクライナの両外相と会談
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала