ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領、いつでもどんな形式でもプーチン大統領と会談する構え=米国務長官

© Sputnik / Sergey Guneev  / メディアバンクへ移行プーチン大統領とバイデン大統領
プーチン大統領とバイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ジョー・バイデン米大統領は、ウクライナ情勢について「戦争を防ぐ助けとなるのなら」いつでも、どのような形式でもロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談する構えである。20日、アントニー・ブリンケン米国務長官がCBSテレビの放送内で明らかにした。
ブリンケン国務長官は、ウクライナ情勢について「バイデン大統領は、戦争を防ぐ助けとなるのなら、いつでも、どんな形式でもプーチン大統領と会う構えがあるということを非常に明確にした」とコメント
ブリンケン国務長官はまた、近日中に欧州でロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と対面での会談を行う意向を確認した。ブリンケン国務長官は「ロシアとの交流という面において、外交官としての私の仕事は、戦争を防ぐことができるかどうか観察し、あらゆる努力をすることだ」と強調した。
外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアがウクライナ「侵攻」の理由を「捏造」したとする西側諸国の主張は嘘=露外務省
15日、プーチン大統領はモスクワでドイツのオラフ・ショルツ首相と会談し、ロシアは戦争を望んでいないことを強調。したがって、欧州における平等な安全保障の確保について交渉を行うことを提案した
欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
G7外相、欧州の安全保障及び信頼強化を目指しロシアに対話を呼びかけ
ロシアの「攻勢」に米国は応じる用意がある=米国務長官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала