ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

プーチン大統領 ドンバス対立の平和裏解決のためにロシアは最善を尽くした

© Sputnik / Sergey Ilyin / メディアバンクへ移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ロシアのプーチン大統領は、クレムリンでの安全保障会議の冒頭、ロシアはウクライナ当局とドンバスの間の対立を平和的に解決するため、当初から最善を尽くしてきた」と述べた。
プーチン大統領は、このほか、事態の進行から見ると、ウクライナの現政権はミンスク合意を履行しようとはしておらず、彼ら(ウクライナ政権)もそれについて何度も公の場で発言していると指摘した。
プーチン大統領は、ドンバス問題をこの先どうするかは出来上がった状況とロシア連邦の評価に基づいて決める必要があると語っている。
ドネツク人民共和国の指導者のデニス・プシーリン氏 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ドネツク、ルガンスク両共和国の指導者 プーチン大統領に独立の承認を要請
プーチン大統領は、ロシアの安全保障の脅威はウクライナがNATOに加盟した場合、何倍にも増大すると指摘する一方で、バイデン米大統領が、ウクライナを明日にもNATOに入れるつもりはないと請け合ったことを明らかにした。「この件についてはちょうど首脳らと話し合っている。米国の首脳は、ウクライナを明日にでも(NATOへ)入れるつもりはないと確証した。さらに、なんらかのモラトリアムがありうる」プーチン大統領はこう述べた。
ここ数日、ドンバスの衝突状況が本格的に激化している。ウクライナ政府はこれまでの合意を一切無視し、ドネツクおよびルガンスク共和国との境界線に軍の大半を集中。禁止兵器を使うなどして義勇兵への発砲を定期的に行っている。ドネツク共和国のプシーリン大統領は、近日中にウクライナのゼレンスキー大統領は軍にドンバス侵攻開始を命ずるだろうとしている。
関連ニュース
ロシア軍 国境を侵犯のウクライナの歩兵戦闘車2台を殲滅
ドネツク人民共和国 ウクライナとの接触線全域で砲撃と発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала