ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナのNATO加盟は決定事項、更なる流血の責任はキエフにある=露大統領

© Sputnik / Mikhail Metzel / POOL / メディアバンクへ移行ロシアのウラジーミル・プーチン大統領
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟、及びウクライナ領への軍事展開は決定問題であり、今後の情勢で流される血はウクライナの責任となる。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が国民向けの演説で発言した。
プーチン大統領によると、ウクライナのNATO加盟、及びNATO軍の展開は決定事項であり、あとは時間の問題だという。ウクライナがNATOに加盟する場合、ロシアに対する軍事的脅威は飛躍的に上昇する。演説の中でプーチン大統領は次のように発言した。
何を皆さんは心配しているのだと言われる。これは明日にでも起こる話ではない。実際、米国のパートナー国も同じことを言っている。いいでしょう、明日でないなら、明後日ですね。歴史的なパースペクティブにおいて一体何の違いがあろうか。本質的には何も変わらない。
次世代のロシア軍の主力戦車「アルマタ」登場   - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
露大統領、ウクライナからの独立を承認したドネツク、ルガンスクに平和維持軍の派遣を決定
欧州における安全保障上の危機はNATOの拡大と関連しており、これにより相互信頼が破壊されたとプーチン大統領は強調した。
米国はウクライナとグルジア(ジョージア)を反露政策の道具として使用しているとも主張している。欧州の国々は、これらの2カ国がNATOに加盟することのリスクを理解していたものの、「兄貴」である米国の意思に従わざるを得なかったという。
続けてプーチン大統領はウクライナに欧米の兵器が集中している状況に懸念を表明した。またウクライナ軍の司令がNATO本部から直接的に行われる可能性も否定できないと指摘した。
NATOにとって最大の敵国はロシアであり、対露作戦の前線基地としてウクライナ領が使用される可能性に最大限の警戒心を払った
その上で、今後の展開で流血が発生する場合、全責任はウクライナ側にあるとプーチン大統領は強調した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала